八戸工業高等専門学校

活動報告 2018/07/23

機械工学科第13回生(昭和55年卒業)クラス会


機械工学科第13回生(昭和55年卒業)クラス会

 機械工学科13回生(昭和55年卒業)は、平成30年7月7日(土) 八戸グランドホテルにて第4回クラス会を開催いたしましたので、概要を報告いたします。

 前回、東京で開催した第3回クラス会から6年、そして4度目にして母校のある八戸で初めて開催することができました。クラス会には青森県内、宮城県、首都圏及びその近郊から卒業生16名が参加、そして恩師である加藤先生、野沢先生にご臨席いただきました。

 前回のクラス会では野沢先生からは「現在の八戸高専を機会があれば見ておくべき」とのご示唆をいただいておりましたので、クラス会の前に母校見学をオプショナルツァーとして設定、こちらには10名が参加、38年ぶりに母校を訪れる者も多く、大きく変化した母校に皆、驚きを隠せませんでした。

 クラス会は、加藤先生のごあいさつに続き、野沢先生の乾杯のご発声で開始となりました。前回のクラス会からは6年ぶりということもあり、仕事の話や思い出話に花が咲きました。当然、一次会で終わるはずもなく、引き続きの二次会では、卒業生が初めて聞く両先生のカラオケも飛び出し、大いに盛り上がりました。さらには3次会と日付が変わるまで、旧交を温めました。

 今回のクラス会直前の西日本豪雨で交通機関がストップし参加できなかった仲間のためにも、第5回クラス会を開催し、両先生に、皆の元気な姿をお見せしたいと思います。

機械工学科 13回生 寺戸成周